<   2014年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

snsやりたくない。

"友達は1、2人居ればいい。"

今の時代SNSを上手く使わなきゃいけないのは分かっている。
でも今やったところでどうせ"ネットぼっち"か"すぐ飽きる"かだしー(糞臆病かっ)

というのも...
小6の頃、音楽好き、アニメ好き、ラーメンズ好き、を褒められたいというのもあってかTwitterで呟き始めた。

でも別にフォロワーが増えるわけでもなく、途中から趣味が合いそうな人と相互フォロー。
あと"はるかぜちゃん"みたいになりたいのもあってか現代社会のことにも軽くツイートしてた。
(今思うとそんな"サブカル系好きなんです女子大学生"みたいな奴、フォロワー増えないよなと思う。)

・"はるかぜちゃん"に関わらず、そういうの(※)は実績があってこそなのかもしれん。
ニートみたいなやつが現代社会に触れたりしても、アホみたいなだけだもんなぁ。

※そういうの=その人の意外性が評価されること
例:その年齢とは思えない言動、本業とはかけ離れた特技、イメージからは想像つかないような趣味など

たまに自己主張激しい奴(特に中学生)を見かけるが、
~自己主張凄いしたら「引かれる」or「あ、そうで終わる」~
ということを小6で学んだワイとしては高みの見物である。

(でもある程度のことや自分のできること(僕の場合音楽)とかの主張は必要だ。
人に知ってもらえない。人に見つけてもらえない。)

そして当時は不登校、ニコ生主の人やフォロワーの人と友達みたいな会話をして楽しんでいた。
ただ2012年に入ると、「フォロワーの人とは"友達の関係"なんかではなく"Twitter上の関係"」と徐々に思うようになり、Twitterを離れた。そこからの完全ぼっち状態が長かった!

そっからSNSはやってない。LineとかもTwitterやFacebookとはちょっと違うんだろうが、やってない。
友達少なくてもいいですし、コミュニケーションツールは電話、メール、会うで足りてます。

そんなに人と繋がりたいか?
皆さすがに疲れてるだろう。

でも"主にコミュニケーションツール"としてではない使い方で今後やるかも、しれない。

ボカロ、ニコ動人気って最近どうなんだろ。
YoutubeがあんなCMしたらもう皆Youtubeいくでしょ。
昔からそういうのやってるのは知ってるけど。

メルトの自動マリオシーケンサ見て感動したよ。
2007、8年頃からYoutube見てたもの。ようつべとか言ってたのが懐かしい。ニコ動から輸入も懐かしい。

最近聴いてるのはDonald Fagen、そんくらい。

こういうフュージョン系ちょっと前までダメだったけど(FMラジオっぽくてダサいと思ってた)、
コードワークが何かすげえし、フェイゲンの声も好きになってきた。
いつか解析したい。

・いろいろ忙しかった。今年一番外出たかも。
・自分最近Disclosureに影響されまくり。
・夏アニメ見終わってない為、アニメ全然見れてない。
・Beatport10周年ありがたい。無料で5曲くれる。Maya Jane Colesの次はBonoboか。
・ディープハウスのボカロ曲つくってる。Deep Miku Houseはなんか激しすぎた。
・バカリズムのラジオ面白い、選Taxi面白い。
・こういう箇条書きこそTwitterとかでやれればいいわけで。。。でもなぁ
[PR]
by RT08 | 2014-10-31 20:06 | 日本での生活

もう10月も終わって11月、12月


Flying Lotusもメジャーに思えてきた。James Blakeも同じく。
最近エレクトロニカ、デトロイトテクノ、ディープハウス系に浸かってるからか。

エレクトロニックっていう言葉凄く使いやすい。
"EDMやエレクトロでも無い、シンセポップほどでも無い。エレクトロだと古い。でもエレクトロニカではない。
そう俺がやってるのはエレクトロニックなんや!"
自分のやってるジャンルを言う時は、主にハウス、エレクトロニックって言うぞ!

新しい機材としてMassiveを買ってもらった。
最近は、もぅマジ無理。本業の勉強、全然してないぃ。Boiler Room見てるか、アニメ見てるのに忙しいぃ。

↑ビートとベースのグルーヴ感が素晴らしい、
こういうの中々作るのに試行錯誤する、ていうか単調じゃなくノれるビート作るのに苦労する
(使ってるDawが悪いのか?俺が悪いのか?)

サカナクションの新曲チルウェーブっぽい、Tychoっぽい。

最近考えるのは、
・マイナーなジャンルをポップにアレンジした曲を出すアーティスト
・マイナーなジャンルに傾倒した曲を出すアーティスト
どっちがかっこいいか。

音楽作ってるときはそんなこと、どうでもいい。どっちもやればいいじゃん。

日本人のアーティストが海外で人気になるにはどっちがいいだろう、ということもあるけど
日本人にしかできない音楽をやるアーティストの方が絶対人気出るだろう。

外国の真似をしたものを日本で売ることはできるけど、劣化コピーを外国には売り出せないぜっ

↑こういったディスコ系の曲も作ってる途中。
[PR]
by RT08 | 2014-10-08 20:27 | 日本での生活