<< 生存確認 OK >>

Future Houseのつくり方

追記2015.6.15
・プラスティック メモリーズを見る。アイラ可愛い。心を持ったアンドロイドか、たまらないねぇ。
・チャッピーを見る。チャッピー可愛い。心を持ったロボットか、たまらないねぇ。
・Jamie XXのアルバムが良い。

Boiler Roomでの選曲も最高。
今年、MadeonやJamie XX、Towa TeiにDisclosureのアルバムが出されるなんて、なんて俺得な年。

・ハウス熱とレアグルーヴ熱が熱い。
・響けユーフォニアムをやっと見る。会話のリアルさに驚く。背景綺麗すぎて、毎回停止するほど感動する。

追記 2015.5.27
・俺ガイル面白い。心の揺れ動き、大人になっていくということ的なことがこんなに描かれているとは。
1期の頃、中二だったから、そういうところはあまり見ていなかったのかも。
・キックは胸をちょい打つ程度。意識しすぎると逆に臆病になって、上手くいかない時がある。
意識することも意識しすぎないのも大事。無難はつまらない。挑戦したいもんだ。
・Disclosure全然ブレない。あんな良いアルバム作っちゃったから、ハードル上がわね。


5.18
Future Houseのつくり方
・メロディ(ルート)+完全4度、5度(平行移動)で強い響きを出す。(感覚的にはパワーコード全開のロック)
・Oliver Heldensは長3度をハーモニクス的(?)に入れることで、メジャーだけど独特な響きを出している。
・硬いFMシンセサウンド(Massiveなど)  ※これらはほんの一例、、、なんだこの今更感


・Disclosure全然ブレない

[PR]
by RT08 | 2015-05-18 21:05 | 現代を思ふ
<< 生存確認 OK >>